Qui-Qui Puccho!

MochaKokoroPucchoKurumiPunkKonohaRinkaKaede
6チワ&1ハァハァ&1ゲヘゲヘ&カミさん&チビとの非凡なる幸せな・・・ちゅーか、ぐだぐだblog!
[ Qui-Qui Puccho! > 2006年09月 ]

2006年09月24日

ビバ中華鍋

ずーっと欲しかった、中華鍋を買ってしまいました。。。

カミさんは回鍋肉(ホイコーロー)が好きでして。ま、僕も好きですが。
何度か作ってみたんですよ。

最初はクックドゥとか、市販の回鍋肉の素みたいなのを使いまして。
それだと味が調整できないので、次の時は
豆板醤(トウバンジャン)と甜麺醤(テンメンジャン)
なんかを買ってきましてね。

ところが、失敗に終わりましてがく〜(落胆した顔)
敗因は
 ・豆板醤は思ったより辛かった
 ・すりおろしニンニクは思ったよりきつかった
 ・甜麺醤が少なかった
などなど。
味の調整が出来たのに、レシピどおりの分量で作ってみたら見事に失敗。
余計なことして、食えない物になっても困るので、あまり調整しなかった
んですよ。

で、ここまでは普通のフライパンで作ってたんですね。
ま、フライパンは失敗の原因ではなかったんですが、本格的(?)に
中華を作り出したら(回鍋肉の他に、青椒牛肉絲(チンジャオロースー)
なんかも作ったんですが)どうしても中華鍋が欲しくなりまして。

んで、買ってきました。カミさんが昼寝している間に、ホームセンターに
行きましてね。
 ・中華鍋(いわゆる北京鍋です)
 ・お玉(あの、鉄製と言うか、角度の殆ど無い中華用のやつです)
 ・中華鍋受け台(コンロの上にセットします)
をお買い上げ〜。

実は上記にあと1点をプラスした4点セットと言うのがあって、
かなりお得だったんですが。。。
このセットについてくる中華鍋が、取っ手と鍋部分がリベット(?)
で付いているやつなんですよ。
これだと、そのうち絶対に取っ手の部分がぐらぐらしてきて、且つ、
自分では治せない状況になる、と思いまして。

高くついても、バラで鍋部分と取っ手の部分が溶接で一体型になって
いるやつを購入しました。

060924-1.jpg
ついでにお玉なんかを引っ掛けるフックも買ってきまして。
後ろに掛かっている、ながーいのが中華用のお玉です。
台はコンロに置いてあるだけで、固定はできません。

一般家庭のガスコンロですからね。
火力はたかが知れていて、極力鍋を浮かさない(振らない)ようにして
お玉で混ぜるようにはしているですが。。。

やっぱ、中華ったら、あれでしょ?
こう、豪快に鍋を振って、ゴウン・ゴワンってやりたくなるじゃないですか。

一般の火力の無いガスコンロだと、フライパンを浮かせた時点で直ぐに
温度が下がっちゃいますからね。あまりやらない方が良いんですが。。。

やっぱり、こう、ね、豪快にゴウン・グゥァンって。。。


で、早速、買ってきた中華鍋で回鍋肉リベンジをしまして。
えー、何かまだイマイチなんですよねぇ。。。
前回よりは遥かに美味しく出来ましたけど、なんかまだ、納得できない。
修行が必要ですな。

因みに、買って来た鍋には錆止めのクリア塗装がしてありまして、
使用する前にカラ焼きして塗装を焼いて、洗って、それから使うんですが
このカラ焼きが結構大変でした。

どうでも良いんですが、台所が自分好みになって来ましたよわーい(嬉しい顔)


最後に。。。
想像していた通りですが、中華鍋を振るのはやっぱり楽しい〜

んじゃ、また。
posted by (み)Comment <6>日記

2006年09月23日

ゲド戦記 〜TALES From EARTHSEA〜

ゲド戦記を見てきました。

既にネット上では批判の嵐と言った感じでしょうか。。。

原作は5冊か6冊くらいの作品で、初期の方ではゲドの若かりし日の物語など
も描かれているようです。
今回映画化された部分は中盤以降の話で、且つ、かなりアレンジされた内容
となっているようです。

と言う大体の前提で、原作と全然違うとか、絵が汚いとか、声優も悪いとか
原作者も怒ってるとか、おすぎもゴミみたいな映画とか言ってまして、様々
な物議をかもし出しているようですが、
私自身は原作も読んでいませんし、諸々の批判は他の人にお任せします。
Yahoo!映画とかを見てください。星一つか二つのオンパレードですがく〜(落胆した顔)

批判はさておきまして、結論を書いてしまうと
見ない方が良いですよ、となってしまいます。
これは「見るな」と言う意味ではなく、1800円払って見るほどの価値は無い
と言う意味です。

理由は物凄く単純で、「面白くないから」です。

何といいますかね、見終わった後に何も残らない映画って感じなんですよ。
特別感動することも無く、笑うことも無く、爽快感がある訳でもなし。。。
もちろん、見たと言う事に対する満足感もない。

原作とストーリーが違っていようが、原作が訴えているような内容が無かろ
うが、「面白い」と言える映画になっているなら良いと思うんですよ。
ロード・オブ・ザ・リングとか、先に紹介したX-Menとかも、原作とは違って
いても、娯楽映画として楽しめる部分があったり、別な感動があったりして
楽しめると思うんですが、それが無いんです。

何故面白くないかと言うと、これも単純で「意味が分からない」から、
だと思うんです。

先に書いた通りで、原作は長いストーリーであり、ゲドの若い頃などから
始まって、全体を通してこの物語の世界観と言うのが見えてくるのだと思
いますが、この映画を見てるだけではそれが全然分からないんですよ。

龍も出てくるし、魔法も剣も出てきますし、ファンタジーな世界である事
は分かるんですが、この世界の背景が分からないと言えばいいんでしょうか。

だから、突然龍になっちゃう理由も分からないし、ゲドが旅している理由の
結論(原因)も分からないし、アレンはそもそもどうして。。。とか。
兎に角、意味が全然分からない。

例えば、先に紹介した「V FOR VENDETTA」という映画がありますが、
あれは、現実ではない仮想近未来(と言えば良い?)を舞台にした映画
なんですが、映画の中でその時代の背景と言うものが語られていて、そ
の世界でVが何をしたいのか、何をする事によって何が変わるのか、何故
そうしたいのかとか、多少ストーリー的に無理があったり、非現実的で
あっても、意味は分かるんですよ。

でも、ゲド戦記はぜーんぜん意味が分からない。。。


それでも恐らく、ジブリ映画ですからね。
それなりに長い間上映され、DVDのレンタルやTV放送なんかも、かなり先の
話になってしまうと思います。
なので、どうしても見たいと思っている方は、是非レイトショーで見るとか
兎に角、安く見ることをお勧めします。
気持ち的には、レンタルももったいないので、TV放送を待つのが良いかと。

もちろん、感想は人それぞれですからね。
見れば面白いと思う人も居るとは思いますが。
現に、ハウルよりは好きって人も居ますしね。個人的にはハウルの方が
まだ、マシかなって。。。

で、いつもは「とりあえず見ておけ」と言ってますが、今回は
「とりあえず止めておけ」と。。。

なんと言うか、ここまで言われると、
かえって見てみたくなったりしますかな?
見てもらえば、言わんとする事が分かると思うんですがね。


あ、そうそう。
文太の声ね。菅原文太の声は良いですよ。
声優としてどうとかじゃなく、声がイイ!
ま、この映画で聞く必要はありませんが。。。ね。

んじゃ、また。
posted by (み)Comment <0>映画&DVD

嗚呼、イニシャルD。。。

はいはい。恒例のTSUTAYAです。

本日は以下の2本です。
 「V FOR VENDETTA(Vフォー・ヴァンデッタ)」
 「THE LEGEND OF ZORRO(レジェンド・オブ・ゾロ)」

実は、本当に借りるつもりだったのは、「頭文字<イニシャル>D THE MOVIE」
だったんです。

普通、DVDのレンタルは中身(ディスク)を抜き取ってカウンターに持っていく
のですが、このDVDは昔のビデオみたいにケースだけが置いてあって、
ケース自体をカウンターに持っていくんです。既に貸し出し中のケースには
貸し出し中の札がつけてあるんです。

で、店に行くと3本あって、そのうちの1本だけが貸し出し札が付いてない。
ラッキーとばかりにカウンターにもって行くも、中身が見つからず貸し出し
できない、と。。。
どうやら縁が無いらしい。。。一体いつになったら見れるんでしょうか。

結局、上の2本だけ借りてきました。


まずは「V FOR VENDETTA」から。
えー内容は置いときまして(面白くない訳じゃありませんよ)、
主役(仮面の男)を演じるのはヒューゴ・ウィービングです。
誰かって?マトリックスのエージェント・スミスです。
と言えば分かりますかね?

以前に何かの紹介記事で読んだんですが、当初ヒューゴ・ウィービングは
この映画には出演しない予定でした。
(よく覚えてないんですが、元々はオファーがあって、ヒューゴ・ウィービング
自身も出る気はあったが、都合が合わなくて出ない事になっていた、とか。)

で、代わりの役者さんは決まっていたんですが、この役者がこの役を演じる
事がどうしても出来ない、と言う事で、自らヒューゴ・ウィービングに電話し、
まだこの役を演じる気があるか?と尋ね、ヒューゴ・ウィービングが即答して
演じる事になったそうなんです。
(電話の時点では予定が変更になっていて、出演が可能だった、とか。)

で、なぜに代役の役者がこの役を辞退したかと言うと、
この主人公のVは仮面を付けている訳ですが、この仮面は映画中、ただの一度
も外す事がありません。厳密に言うと、ただの一度も素顔が出ないって事です。

で、主役であるにも関わらず、顔の出ないこの役を、考えに考えて辞退
しちゃった、と。

と、まぁ、一風変わった感じの映画ですが、ヒューゴ・ウィービングが良い
ですねぇ。
顔も出ないのに熱演です。仮面はカッコ良くないですが、カッコイイです。


続いて「THE LEGEND OF ZORRO」です。
「The Mask of Zorro(マスク・オブ・ゾロ)」の続編です。
続編ですが、主人公などの登場人物が同じと言うだけで、前作を見なくても
楽しめると思います。

前作との間は実に7年です。7年ぶりの続編で、主人公も前作と同じ
アントニオ・バンデラスが演じています。
キャサリン・ゼタ・ジョーンズも前作同様に出演しています。

前作よりも、よりファミリー向け(と言うか子供も楽しめる)な感じに
なっているのは、子供が出ているせいでしょうか。
しかし、この子供が凄いです。

7年たってもバンデラスは変わらずカッコエエです。
ゼタは少し老けたのかなぁ、と。でも、凄く綺麗ですが。
子役がイカしてます。


と言うわけで、両方ともとりあえず見ておけ、と。


んじゃ、また。
posted by (み)Comment <5>映画&DVD

2006年09月20日

まさお君、お疲れ様〜

えー、しばらくと言うか、もうずいぶんと見ていなかったのですが。。。

テレビ東京の「ペット大集合!ポチたま」という番組がありまして。
番組内で旅をするワンコ「まさお君(ラブちゃん)」が6年間の旅を終え
卒業したそうです。

6年間で約日本6周分の移動距離があったようです。
お疲れ様でしたわーい(嬉しい顔)
同局の社長から表彰もされたそうです。


初めて番組を見たとき、まさお君は犬見知りもするし、あれ?と思った
もんでしたが、犬見知りも人見知りもする、普通のワンコが旅をして行
くところが良かったのかも知れませんね。

そういえばその昔、この番組にカミさんが出たなぁ。。。なんて思いつつ。

まさお君は卒業しましたが、番組が終わるわけではなく、旅は息子の
だいすけ君が引き継ぐそうです。

んじゃ、また。
posted by (み)Comment <2>その他

2006年09月09日

X-MEN 〜The Last Stand〜

はいはいはいはい。見てきましたよ。X-MENの3作目。

えー。色々ありますが、まず最初に知らない人もいるかも、
と言う事で言っておきますが、
映画が完全に終わるまで、席は立たないように。

はい。既に見て、見逃したと言う人は後悔して下さいわーい(嬉しい顔)
これから見る人は、どうぞお見逃し無くexclamation

まーもう、みんなスタッフロールが始まったらゾロゾロと帰る事、帰る事わーい(嬉しい顔)


さて、このX-MENもそうですが、アメリカのコミックを原作とした
映画は全般的に好きです。
スーパーマンもバットマンも、スポーンもスパイダーマンも。その他諸々も。

実はコミックスの原作はどれも非常に濃い内容になっているようでして
例えば(私は残念ながら原作見てませんが)X-MENなんかも、差別を
テーマとした作品となっていて、主役のウルバァリンも全身毛むくじゃら
の怪物なんですが、映画ではX-MENの側(正義の側)は美男・美女で
マグニートー側は化け物揃いと。
差別がテーマなのに、見た目だけでは正義と悪が差別化されている
様な。。。とね。良い人はカッコ良くて、悪い人はブサイクみたいな。

しかしながら、元から原作と対比しての出来具合を見るつもりも無く、
これら一連の作品は、なんと言いますか、娯楽作品として捕らえているので
映像が凄いとか、カッチョエエ〜とか、そういうことに注力して見てます。

原作の深さと言うのか、そういった点を2時間足らずの映画の中で表現
していくのは難しいんでしょうね。
もちろん、そこが監督の腕、というのもありますが。。。

まぁ、兎に角、前述の通りの見方をしているので、どの作品も自分好み
な感じに出来ているので(特にスパイダーマンとかスポーン。バットマンも
いいなぁ)、どの作品も好きなんですよ。


どうでも良いですが、サブタイトルの「The Last Stand」が
なぜ邦題で「Final decision(で合ってるかな?)」になって
いるのかは不明です。。。

えー、エキサイトの翻訳によるとがく〜(落胆した顔)
 The Last Stand:最後の抵抗
 Final decision:最終決定
です。。。全然違いますね。


で、結論ですが。
とりあえず見ておけ!
と。
1も2も見た人はもちろん、1も2も見てない人は、1と2をTSUTAYAで
借りて見てから見に行け、と。
ついでに、スパイダーマンとかスポーンも借りて見ておけ!と。

ところで。。。
少しネタバレしちゃうかも知れませんが、3の最後の方のシーンで

Qui-Quiしながら続きを見る...?
posted by (み)Comment <0>映画&DVD

お墓参りに行こう!

急な話でしたが車を買い替えました。

大き目の車にしました。もちろん中古車ですが。
これでキャンプの積み込みなんかも楽になります。
フルフラットになるので、寝ることも出来ますしね。

さて、車の話はいずれ書くとして、今日は我輩の父親の命日が近いため
家族総出でお墓参りに行って来ました。

父親が他界しているせいもありますが、お墓参りにはよく行きます。
家族総出(兄弟も全員揃う)のは命日近くのこの時期だけですが、
個人的には、カミさんと二人きりとかでもよく行っています。

一般的に見ても、よく行く方だと思います。
例えば、なんらかの節目(結婚するよ、結婚したよ、家を買ったよ、とか)
はもちろんの事、最近(何ヶ月か)行ってなかったから、とか。
盆やお彼岸、年末、年始などにも行きます。

残念ながらカミさんは、我輩の父親に会ったことはありません。
しかし、大変ありがたい事にカミさんは父を非常に敬ってくれています。

ですから、お墓参りに行こうという誘いには嫌な顔一つせずに
付いてきてくれます。

普通に考えると、お墓参りに行きたがる人ってあんまり居ないと
思うんですよね。楽しい訳でもないですし。
ですから、カミさんには非常に感謝しています。


一般的にはお墓参りをする人は徐々に減っている様な気がします。
霊園もお盆やお彼岸の時期はそれなりの人出となりますが、
昔ほどの賑わい(?)ではない気がします。

インターネットでお墓参りとか、お墓参りの代行と言った商売がある
くらいですから、現地に足を運ぶ人も少なくなっているのでしょう。

確かに、我が家は比較的近くにお墓があるため、よく足を運ぶことが
出来るというのも事実です。
しかしながら、遠いとか、忙しいとかを理由に、お墓参りをしない人が
増えているのは、なんとも遣る瀬無い感じです。


自分がお墓に入った時の事を考えるという訳ではありませんが、
自分の死後、お墓に参ってくれる人が居ないというのは、非常に
寂しく感じます。

死んでるんだから関係ないとか、身寄りが無ければ仕方ないとか、
そう思う方もいると思いますが、そういう事では無いんです。

自分の死後、自分のお墓を参ってくれる人が居ると言う事は、
自分がそういう生き方をしたという証だと思うんです。

自分の奥さんや子供、兄弟、親戚などが参ってくれる事もそうですが、
友人や知人、仕事仲間など、自分が生前に関わった人々が死後も敬って
くれ、参ってくれる。

心で思い返してくれる人は沢山居ても、お墓まで足を運んでくれる程の
人は居ない。それは少し、寂しいのかな、と。

父のお墓には、我々親族以外の方々もよく参ってくれます。
かつて部下であった人や知人。
友人や兄弟は、お年を召して遠路遥々来ることが難しくても、
御花を贈ってくれるなどします。

我輩が父を尊敬する理由は、そこにあるのです。

子供の頃から、よくお墓参りに行った記憶があります。
もちろん、父が健在な頃です。つまりおじいちゃん、おばあちゃんの
お墓参りですね。
霊園には公園のようなスペースがあるので、お弁当を食べたり、遊んだり
当時はピクニック気分でしたが、ね。

お墓参りって何なのかを知るのは、もっと後のことですが、
そういった風習があるという事は、自然と身についたのかもしれません。
お墓に行くことに対する抵抗感も無いですし。
もちろん当時は、お墓で転ぶと死んじゃうとか信じてて、ビクビクしてましたが。。。



さて、

参るべきお墓はありませんか?

事あるごとに思うけど、近頃は行ってないなぁ、とか。

宗教的な意味合いなんて、関係ありません。

人間か、動物か、も。

御花やお線香、お供え物が無くても。

子供も連れて行きましょうか。

ちょっと遠いけど。

少し、忙しいけど。

お墓は年中無休です。

きっと、いつでも待っています。

いつか来てくれるだろう、と。



そうだ、お墓参りに行こう!

いつの日か、せめて自分の子供くらいは、そう言ってくれたらなぁ。


んじゃ、また。
posted by (み)Comment <6>日記

2006年09月03日

ホテル ルワンダ

久しぶりにTUTAYAへ行ってきました。

今日借りたのは「HOTEL RWANDA」「SPIRIT」「UNDERWORLD:EVOLUTION」の3作品。

Qui-Quiしながら続きを見る...?
posted by (み)Comment <0>映画&DVD

2006年09月02日

やっと

カミさんのワンコ友達に、一戸建ての先輩がいます。

ハワイが大好きなご夫婦で、以前に購入された一戸建てにお邪魔したのですが、
ハワイアンな雰囲気がとっても素敵なお家でした。

我が家にも是非来て頂きたいと思っていたのですが、中々タイミングが合わず。。。
引っ越してから半年も過ぎてしまいましたが、やっと来て頂く事が出来ました。

久しぶりの来客に、我が家のワンコも大騒ぎです。

んー、とっても可愛いです。
060901-1.jpg

心っちがお気に入りの様子。
060901-2.jpg

心も満更でもない???
060901-3.jpg

興味津々。
060901-4.jpg

実は、お庭でバーベキューの予定でしたが食材の買出しが出来なかったので
近所のカフェに行きました。
060901-5.jpg

同じ一戸建て購入者として、色々とお話できました。
仕事の関係でお忙しいらしく、次はいつ会えるか分からないそうですが、
また是非いらして下さい。そして、今度こそBBQをしましょうexclamation


引っ越してからずっと庭でBBQしたいと思っているのですが、中々実現できません。
今回こそはと思っていたのですが、残念です。

BBQしたい方はいらして下さいね〜
いえそんな、神戸君や近江君なんてお持ち頂かなくても結構ですよ。。。
もちろん、松坂君の登板も大歓迎ですが。。。わーい(嬉しい顔)

んじゃ、また。
posted by (み)Comment <0>日記

2006年09月01日

破れちゃった。。。

庭はほぼ南向きな事もあり、朝から晩まで非常に日当たりが良いです。

日当たりが良いのは結構なんですが、夏場は日差しが強すぎてリビングの空調が効かない
くらいに暑いです。

このままではワンコたちも暑いだろうって事で、実は日よけの為にキャンプ用のタープを
張っていました。まともな画像は無いのですが、コレでなんとなく分かるかと。。。
  プールの半分が日陰になってますが、これがタープで出来る日陰です。
  ぷー子の後ろに見えるポールがタープのポールです。

通常は6本のポールで立てるところを、4本で立てています。残りの2本分は2階のベランダ
から垂れ下げている感じになります。

正規の張り方をしていない為、どうしてもピンと張ることが出来ず、雨が降ると水が貯まります。
下から持ち上げて貯まった水を捨てるのが雨の日の日課でした。

で、雨が降ったので、いつものように水を捨てようとしたところ

ピッ、ピシーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ

と言う音と共にタープが真っ二つに切れてしまいましたがく〜(落胆した顔)

ま、八月も終わってそろそろ良いかなぁと思ってもいたので、タープを撤去しました。
いやぁ、タープって切れるもんなんですねぇ。。。

久しぶりに見えるようになった空が、なんとなく新鮮です。

んじゃ、また。
posted by (み)Comment <0>日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。