Qui-Qui Puccho!

MochaKokoroPucchoKurumiPunkKonohaRinkaKaede
6チワ&1ハァハァ&1ゲヘゲヘ&カミさん&チビとの非凡なる幸せな・・・ちゅーか、ぐだぐだblog!
[ Qui-Qui Puccho! > その他 > 少年は頑張った。だが先輩方は。。。 ]

2006年08月03日

少年は頑張った。だが先輩方は。。。

まず、興毅少年におめでとう、と言っておきたい。

長くなっちゃったので、以下興味のある方だけどうぞ。


まーもう、皆さんご存知の通り判定が微妙だとかで大変盛り上がってますが。

個人的にはジャッジが何をとるかの問題だったので、判定になった時点でどうかなぁ〜と言う
感じで発表を待った訳ですが。少なくとも判定になった時点で負けたとは思いませんでした。
試合全体を見る限り、決してファン・ランダエタが支配しているようには見えませんでしたし。
もちろん、亀田興毅が優勢と見える試合でもなかったですが、手は良く出ていたと思います。

試合が終わったその日のうちに、ネット上では興毅の負けだとか、八百長だとか色々と出て
ましたがね。別に良いんです。僕も含め素人が何を言ったところで、(興毅自身が述べている
ように)見方は人それぞれですしね。芸能人とかも当然ただの素人ですから。

ただ、気になるのは元世界チャンピオンなる先輩方の発言でしょうか。
亀田興毅が嫌いなだけとか、嫉妬しているだけの人もいると思いますがね。
彼らは一体、日本ボクシング界というものをどうしたいんでしょうかね?

亀田興毅をきっかけに、ボクシングに興味を持ったり、或いは最初は亀田興毅のファンだが
いずれはボクシング全体のファンとなってくれる可能性のある人たちも少なからずいたと思うんです。
そういう人達にとって、プロ(元ですが)の方々、それも元世界チャンピオンの方々が、
今回の判定をきっかけに、亀田興毅を攻める(否定する)なんて姿を見れば、結果的にボク
シング自体から興味を失ってしまいかねない。

別に、褒めろとは言いません。ただ、判定はジャッジがするものですからね。亀田興毅自身が
攻められる言われは無いはずなんです。そんな事をする姿を見れば、日本ボクシング界という
ものの、懐の狭さを露呈していると思うんですよ。これじゃ、なかなかファンも増えないし、
そんなファンなら要らない、なんて事は、現状の日本ボクシング界は言っていられないかと。

もちろん、褒められないものを無理に褒めるのも駄目ですが、今回は僅差の判定だったが、
次はKOできるように頑張れとか、そういったエールぐらいあっても良いんじゃないかと。
輪島さんなどはそんな感じでしたし、全ての先輩方が悪く言っている訳ではありませんが。

亀田興毅のやり方については、好きな人も嫌いな人もいるとは思いますが、日本でボクシング
がもっともっとメジャーになっていく為の足がかりにはなっていると思うんです。
だからこそ僕も、一ボクシングファンとして応援したいと思うんです。

リングに上がる以上は命懸けですよ。間違えば簡単に死ぬんですから。ビックマウスとは言え
まだ19歳の少年じゃないですか。同じように命懸けでやってきた人達の言葉ってのは重い(
素人のそれよりは影響力がある)と思うし、言ってる本人もその事は分かっていると思うん
ですが、どうなんですかねぇ。。。

ボクシング界がどうとか書いたけども、ただ単に、人間の器がちっさいなぁ〜って話かしらん?

んじゃ、また。
posted by (み)Comment <0>その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。