Qui-Qui Puccho!

MochaKokoroPucchoKurumiPunkKonohaRinkaKaede
6チワ&1ハァハァ&1ゲヘゲヘ&カミさん&チビとの非凡なる幸せな・・・ちゅーか、ぐだぐだblog!
[ Qui-Qui Puccho! > 映画&DVD ]

2006年10月13日

とりあえず纏め。。。その2

さてさて、あと3本見たので続きです。

今回は「あずみ2」「POSEIDON」「AEONFLUX」の3本です。

まず「あずみ2」から。
イマイチです。というか、どこが見所なのか良く分かりません。
なので、ボヘーっと見ちゃいます。なのでイマイチです。。。
前作は、最後の20分間(だったかな?)が切って切って切りまくり
のシーンで、そこが売りだったと思うですが、今回は、とりあえず
前作がヒットしたので作られた感があるような、ないような。。。


はい、「POSEIDON」です。
ポセイドン・アドベンチャーのリメイクですよね。
うん。ま、それなりに。見て損は無いと思いますけども。
えーと。。。カート・ラッセルが良いですね。相変わらず不器用な
感じで。どうにも嫌いになれない人ですわーい(嬉しい顔)


最後は「AEONFLUX」です。
シャーリーズ・セロン最高〜〜〜exclamationexclamationexclamation
って、なると思って見てたんですが、そうでも無かったです。。。

確かにアクションシーンは沢山あるんですが、こう、いまひとつ
見せ場が無いと言うか。
あと、演じているキャラのせいもあるのかな。あんまり好きになれ
ないと言うか、共感できないというか。
別に映画自体がつまらないとかそういう感じでもないんですが。

結局謎?のままの部分もあって、なんと言うか、最初から次がある
ぞ的な作りの気もしてますけど。次は無いかな?

んじゃ、また。


っっっって、ここまで書いて思い出したんですが、実は「CUBE ZERO」
を見たんですが、書き忘れました。
いつ見たかも覚えてない。。。でも見たんです。「私、見たんです!」

はい、三作目にして、完結編(らしい)の「CUBE ZERO」です。
物語自体は、1作目の「CUBE」へ続くストーリーになっていまして。
「CUBE」の謎が全て明かされる、的な事でしたが、見てもぜーんぜん
分かりませんでした。
謎だらけです。カミさんと二人して????状態。
ま、過去2作品見た人はどうぞ、って事で。

やはり、最初の作品である「CUBE」が一番良かったです。
これはお勧めです。怖いのが苦手でなければね。

んじゃ、また。
posted by (み)Comment <0>映画&DVD

とりあえず纏め。。。

えー。ご無沙汰しております。

9月は中々更新も出来ず、10月になったら小まめに更新しよう
と思っていたんですが。。。
気が付いたらもう、10日過ぎてますがながく〜(落胆した顔)

で、まずは最近見たDVDの纏めから。
ここんところ、週末と言うとDVD鑑賞ですな。

最初に「頭文字<イニシャル>D」「INTO THE BLUE」「SIN CITY」
の3本から。

まずは「頭文字<イニシャル>D」です。
やっと借りられました。今回も1本だけ残っていたので、借りる
時には少し不安でしたが。。。

えー、内容やら役者やらには元から何の期待もしておりません。
漫画は全巻持ってますが、あの世界を実写で再現するという点
だけに興味を持って見た訳ですが。。。
なんだかイマイチでしたねぇ。これならTOKYO DRIFT(ワイルド
スピード3)でも見た方が面白いかも。


はい、次は「INTO THE BLUE」です。
ジェシカ・アルバです。殆どのシーンで水着で出てます。
ファンの方はどうぞ。。。

で、もう少し展開も見え見えで面白くないと思ってたんですが、
事のほか展開も読めず、最初の頃の水中シーンもとっても綺麗な
映像です。あれってCGなのかしら。魚が凄いんですよ。サメがね。
ま、見てもそんなに損した気分にはならないと思いますよ。


最後は「SIN CITY」です。
これにもジェシカ・アルバが出てまして。
今回の3本は僕が自分で選んで借りてきたもんですから、
カミさんにファンなのかと聞かれましたが。。。偶然です。

この作品もフランク・ミラーと言う人が原作のアメコミの映画化で
す。監督はロバート・ロドリゲスと、原作者のフランク・ミラーで
す。そして、特別ゲスト監督としてクエンティン・タランティーノ
が。。。
メイキング見ましたが、かなり原作に忠実に作られているそうです。

まず、監督のロバート・ロドリゲスという人が大好きです。
それが理由でスパイキッズとかも見たくらいです。
ついでにクエンティン・タランティーノも好き。
この辺りは語ると終わらないので、とりあえずそれだけ。

で、感想ですが、とりあえず見ておけ!と。
内容的には非生産的な光景が続くので、良いとは言えないですが
映像的にも凄く面白いです。こんなんも作れるんだなぁ、って感じ。
ベースはモノクロの映像で、時折カラー(真っ赤なドレスとか)
が入ってくる感じで。兎に角、血がドバーッ、とかが大丈夫な人なら
見て損は無いと思います。
血も、真っ白ですがね。モノクロなんで。この辺りも、原作に忠実
な点なんだそうです。
色々と書きたいんですが、とりあえず見ておけ!って事で。
カミさんもお勧めの1本です。

役者はブルース・ウィリス(言わずと知れたダイハード)やら
ミッキー・ローク(猫パンチの人)、ジェシカ・アルバ、イライジャ・
ウッド(指輪の人ね)、クライブ・オーエン(キング朝の人)とかね。
あと、マイケル・クラーク・ダンカン(グリーン参るの人)も。

ミッキー物凄い久しぶりに見ました。この映画の中ではかなり良かった
です。猫パンチの頃は、なんてカッコ悪い奴だと思ってましたが。。。

あと、クライブ・オーエンは、何か見た事あるなーと思いつつ、見て
ましたが、思い出せず、後でキングアーサーと知りました。
この人、役所広司に似ていると思うんですが。。。

んじゃ、また。
posted by (み)Comment <0>映画&DVD

2006年09月23日

ゲド戦記 〜TALES From EARTHSEA〜

ゲド戦記を見てきました。

既にネット上では批判の嵐と言った感じでしょうか。。。

原作は5冊か6冊くらいの作品で、初期の方ではゲドの若かりし日の物語など
も描かれているようです。
今回映画化された部分は中盤以降の話で、且つ、かなりアレンジされた内容
となっているようです。

と言う大体の前提で、原作と全然違うとか、絵が汚いとか、声優も悪いとか
原作者も怒ってるとか、おすぎもゴミみたいな映画とか言ってまして、様々
な物議をかもし出しているようですが、
私自身は原作も読んでいませんし、諸々の批判は他の人にお任せします。
Yahoo!映画とかを見てください。星一つか二つのオンパレードですがく〜(落胆した顔)

批判はさておきまして、結論を書いてしまうと
見ない方が良いですよ、となってしまいます。
これは「見るな」と言う意味ではなく、1800円払って見るほどの価値は無い
と言う意味です。

理由は物凄く単純で、「面白くないから」です。

何といいますかね、見終わった後に何も残らない映画って感じなんですよ。
特別感動することも無く、笑うことも無く、爽快感がある訳でもなし。。。
もちろん、見たと言う事に対する満足感もない。

原作とストーリーが違っていようが、原作が訴えているような内容が無かろ
うが、「面白い」と言える映画になっているなら良いと思うんですよ。
ロード・オブ・ザ・リングとか、先に紹介したX-Menとかも、原作とは違って
いても、娯楽映画として楽しめる部分があったり、別な感動があったりして
楽しめると思うんですが、それが無いんです。

何故面白くないかと言うと、これも単純で「意味が分からない」から、
だと思うんです。

先に書いた通りで、原作は長いストーリーであり、ゲドの若い頃などから
始まって、全体を通してこの物語の世界観と言うのが見えてくるのだと思
いますが、この映画を見てるだけではそれが全然分からないんですよ。

龍も出てくるし、魔法も剣も出てきますし、ファンタジーな世界である事
は分かるんですが、この世界の背景が分からないと言えばいいんでしょうか。

だから、突然龍になっちゃう理由も分からないし、ゲドが旅している理由の
結論(原因)も分からないし、アレンはそもそもどうして。。。とか。
兎に角、意味が全然分からない。

例えば、先に紹介した「V FOR VENDETTA」という映画がありますが、
あれは、現実ではない仮想近未来(と言えば良い?)を舞台にした映画
なんですが、映画の中でその時代の背景と言うものが語られていて、そ
の世界でVが何をしたいのか、何をする事によって何が変わるのか、何故
そうしたいのかとか、多少ストーリー的に無理があったり、非現実的で
あっても、意味は分かるんですよ。

でも、ゲド戦記はぜーんぜん意味が分からない。。。


それでも恐らく、ジブリ映画ですからね。
それなりに長い間上映され、DVDのレンタルやTV放送なんかも、かなり先の
話になってしまうと思います。
なので、どうしても見たいと思っている方は、是非レイトショーで見るとか
兎に角、安く見ることをお勧めします。
気持ち的には、レンタルももったいないので、TV放送を待つのが良いかと。

もちろん、感想は人それぞれですからね。
見れば面白いと思う人も居るとは思いますが。
現に、ハウルよりは好きって人も居ますしね。個人的にはハウルの方が
まだ、マシかなって。。。

で、いつもは「とりあえず見ておけ」と言ってますが、今回は
「とりあえず止めておけ」と。。。

なんと言うか、ここまで言われると、
かえって見てみたくなったりしますかな?
見てもらえば、言わんとする事が分かると思うんですがね。


あ、そうそう。
文太の声ね。菅原文太の声は良いですよ。
声優としてどうとかじゃなく、声がイイ!
ま、この映画で聞く必要はありませんが。。。ね。

んじゃ、また。
posted by (み)Comment <0>映画&DVD

嗚呼、イニシャルD。。。

はいはい。恒例のTSUTAYAです。

本日は以下の2本です。
 「V FOR VENDETTA(Vフォー・ヴァンデッタ)」
 「THE LEGEND OF ZORRO(レジェンド・オブ・ゾロ)」

実は、本当に借りるつもりだったのは、「頭文字<イニシャル>D THE MOVIE」
だったんです。

普通、DVDのレンタルは中身(ディスク)を抜き取ってカウンターに持っていく
のですが、このDVDは昔のビデオみたいにケースだけが置いてあって、
ケース自体をカウンターに持っていくんです。既に貸し出し中のケースには
貸し出し中の札がつけてあるんです。

で、店に行くと3本あって、そのうちの1本だけが貸し出し札が付いてない。
ラッキーとばかりにカウンターにもって行くも、中身が見つからず貸し出し
できない、と。。。
どうやら縁が無いらしい。。。一体いつになったら見れるんでしょうか。

結局、上の2本だけ借りてきました。


まずは「V FOR VENDETTA」から。
えー内容は置いときまして(面白くない訳じゃありませんよ)、
主役(仮面の男)を演じるのはヒューゴ・ウィービングです。
誰かって?マトリックスのエージェント・スミスです。
と言えば分かりますかね?

以前に何かの紹介記事で読んだんですが、当初ヒューゴ・ウィービングは
この映画には出演しない予定でした。
(よく覚えてないんですが、元々はオファーがあって、ヒューゴ・ウィービング
自身も出る気はあったが、都合が合わなくて出ない事になっていた、とか。)

で、代わりの役者さんは決まっていたんですが、この役者がこの役を演じる
事がどうしても出来ない、と言う事で、自らヒューゴ・ウィービングに電話し、
まだこの役を演じる気があるか?と尋ね、ヒューゴ・ウィービングが即答して
演じる事になったそうなんです。
(電話の時点では予定が変更になっていて、出演が可能だった、とか。)

で、なぜに代役の役者がこの役を辞退したかと言うと、
この主人公のVは仮面を付けている訳ですが、この仮面は映画中、ただの一度
も外す事がありません。厳密に言うと、ただの一度も素顔が出ないって事です。

で、主役であるにも関わらず、顔の出ないこの役を、考えに考えて辞退
しちゃった、と。

と、まぁ、一風変わった感じの映画ですが、ヒューゴ・ウィービングが良い
ですねぇ。
顔も出ないのに熱演です。仮面はカッコ良くないですが、カッコイイです。


続いて「THE LEGEND OF ZORRO」です。
「The Mask of Zorro(マスク・オブ・ゾロ)」の続編です。
続編ですが、主人公などの登場人物が同じと言うだけで、前作を見なくても
楽しめると思います。

前作との間は実に7年です。7年ぶりの続編で、主人公も前作と同じ
アントニオ・バンデラスが演じています。
キャサリン・ゼタ・ジョーンズも前作同様に出演しています。

前作よりも、よりファミリー向け(と言うか子供も楽しめる)な感じに
なっているのは、子供が出ているせいでしょうか。
しかし、この子供が凄いです。

7年たってもバンデラスは変わらずカッコエエです。
ゼタは少し老けたのかなぁ、と。でも、凄く綺麗ですが。
子役がイカしてます。


と言うわけで、両方ともとりあえず見ておけ、と。


んじゃ、また。
posted by (み)Comment <5>映画&DVD

2006年09月09日

X-MEN 〜The Last Stand〜

はいはいはいはい。見てきましたよ。X-MENの3作目。

えー。色々ありますが、まず最初に知らない人もいるかも、
と言う事で言っておきますが、
映画が完全に終わるまで、席は立たないように。

はい。既に見て、見逃したと言う人は後悔して下さいわーい(嬉しい顔)
これから見る人は、どうぞお見逃し無くexclamation

まーもう、みんなスタッフロールが始まったらゾロゾロと帰る事、帰る事わーい(嬉しい顔)


さて、このX-MENもそうですが、アメリカのコミックを原作とした
映画は全般的に好きです。
スーパーマンもバットマンも、スポーンもスパイダーマンも。その他諸々も。

実はコミックスの原作はどれも非常に濃い内容になっているようでして
例えば(私は残念ながら原作見てませんが)X-MENなんかも、差別を
テーマとした作品となっていて、主役のウルバァリンも全身毛むくじゃら
の怪物なんですが、映画ではX-MENの側(正義の側)は美男・美女で
マグニートー側は化け物揃いと。
差別がテーマなのに、見た目だけでは正義と悪が差別化されている
様な。。。とね。良い人はカッコ良くて、悪い人はブサイクみたいな。

しかしながら、元から原作と対比しての出来具合を見るつもりも無く、
これら一連の作品は、なんと言いますか、娯楽作品として捕らえているので
映像が凄いとか、カッチョエエ〜とか、そういうことに注力して見てます。

原作の深さと言うのか、そういった点を2時間足らずの映画の中で表現
していくのは難しいんでしょうね。
もちろん、そこが監督の腕、というのもありますが。。。

まぁ、兎に角、前述の通りの見方をしているので、どの作品も自分好み
な感じに出来ているので(特にスパイダーマンとかスポーン。バットマンも
いいなぁ)、どの作品も好きなんですよ。


どうでも良いですが、サブタイトルの「The Last Stand」が
なぜ邦題で「Final decision(で合ってるかな?)」になって
いるのかは不明です。。。

えー、エキサイトの翻訳によるとがく〜(落胆した顔)
 The Last Stand:最後の抵抗
 Final decision:最終決定
です。。。全然違いますね。


で、結論ですが。
とりあえず見ておけ!
と。
1も2も見た人はもちろん、1も2も見てない人は、1と2をTSUTAYAで
借りて見てから見に行け、と。
ついでに、スパイダーマンとかスポーンも借りて見ておけ!と。

ところで。。。
少しネタバレしちゃうかも知れませんが、3の最後の方のシーンで

Qui-Quiしながら続きを見る...?
posted by (み)Comment <0>映画&DVD

2006年09月03日

ホテル ルワンダ

久しぶりにTUTAYAへ行ってきました。

今日借りたのは「HOTEL RWANDA」「SPIRIT」「UNDERWORLD:EVOLUTION」の3作品。

Qui-Quiしながら続きを見る...?
posted by (み)Comment <0>映画&DVD

2006年07月22日

Pirates Of The Caribbean 〜Dead Man's Chest〜

LUPICIA(ルピシア)というお店でお茶を買っているんです。

で、お茶を買いに行こうと思ったんですが、行こうとしているショッピングセンターは、はっきり
いって、このルピシア以外に全く用事が無いがく〜(落胆した顔) と、言うことでよくよく調べてみると
イクスピアリにも店舗がある事が発覚exclamation×2 早速、映画を見がてら行くことにしましたダッシュ(走り出すさま)

で、パイレーツ・オブ・カリビアンの続編を見てきたわけですが、イクスピアリは今、この
映画一色に染まっています。至る所に広告が張り巡らされています。

060722-1.jpg
広場もこの通り。

で、映画なんですが、続き物なんですね、これ。つまり、もう既にパイレーツ3の放映が決まっ
ていて、今回は途中で話が終わります。知らなかった。。。がく〜(落胆した顔)
ま、今回もたいそうな娯楽作として出来上がっています。なんといいますか、笑えますよ。
純粋に、声を出して笑えるシーンが何度か。ですから、面白いかと訊かれれば、面白いですわーい(嬉しい顔)

続編ですからね。既にジャック・スパロウという人物像は出来上がってますので、最初の作品
ほど、ジョニーデップの演技にインパクトはありません。最初の作品ほどワクワク感も無いです。
んがっ!OKでしょ。面白いしね。最後にはあの人も登場します。。。って、あの人は、あの
人であってるのかな?初作のDVDを借りてチェックせねばexclamation×2

で、家に帰ると。。。居ましたよ。うちにも。デッドマンが。。。

Qui-Quiしながら続きを見る...?
posted by (み)Comment <2>映画&DVD

2006年06月25日

M:i:III

今日はなにやら怪しい天気だが、とりあえず雨が降っていなかったのでワンコとお庭へ。

雨が降りそうで晴れもあまり出ていないのだが、はしゃぎ過ぎたのか、
ハァハァとゲヘゲヘは喉がカラカラの様子。水をあげればこの通り。

060625-1.jpg
因みに、右がハァハァで、左がゲヘゲヘ。

060625-2.jpg
菻香:ぷはぁダッシュ(走り出すさま)

雲行きはドンドン怪しくなり、とうとうポツリ。ワンコ撤収ダッシュ(走り出すさま)
でも、ポツリとは来たものの、結局雨は降らなかった。。。

ワンコと遊びながら庭の雑草をせっせっと抜いていたのだが、そのまま駐車場と階段
周りを継続して掃除する事にした。溜まっていた枯葉の山をお掃除〜ぴかぴか(新しい)

ん? ぎょえぇぇぇっっッッッexclamation×2

想像はしていたが、虫さんがいっぱいですがく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)

気合と根性で掃除を終わらせ、ワンコの夕飯を済ませてからいよいよ出発です車(RV)

Qui-Quiしながら続きを見る...?
posted by (み)Comment <0>映画&DVD

2006年06月17日

ぷちょコング!

入梅したこともあって予報では天気も悪いとの事なので、お得意のTSUTAYAへ。

本日は、キングコング(ピーター・ジャクソンのリメイク)、フライトプラン、トゥルー・コーリング(8〜10巻)を借りました。


まずはフライトプラン。えー、なんだか良く分かりません。それほど「騙された〜」という展開でもなく、事情が分かってからの展開も先が読めるような感じでして。911以降、飛行機の警備事情なんかは大変厳しくなっていると思うのですが、こういった事も考えられるぞ、という警告でも発したかったのでしょうか?違うとは思うが。。。
ジョディ・フォスター主演なんですが、ちょっと残念バッド(下向き矢印)

Qui-Quiしながら続きを見る...?
posted by (み)Comment <0>映画&DVD
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。